ナチュラルコスメの比較サイト

日本ではナチュラルコスメやオーガニックコスメを認定する第三者機関は基本ございません。

 

一方、ヨーロッパやアメリカでしたら独自に基準が設けられておりまして、ナチュラルコスメやオーガニックコスメの認証が行われております。

 

またそのようなコスメを日本は輸入して、または加工しまして販売されているのです。

 

オーガニック認証は各々厳しいといった基準が設けられておりますので、オーガニックコスメ選択の際の基準にはできますね。

 

ただしオーガニック認証を受けているので、それで配合されているものすべての成分が自然由来成分とは限りませんよ。

 

ドイツを例にしてあげると、オーガニック認証であるBDIHという機関では、保存剤としては、安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ベンジルアルコール等の石油由来の成分使用を認めています。

 

ただしこれらの成分は日本では旧厚生省が定めるアレルギー性のある成分として定めている「102の表示指定成分」に入ってしまっているのです。

 

オーガニック認証を受けたコスメであるから、即安全とはいえません。

 

そうすると本当に肌に優しいコスメっていったい何でしょうかね?

 

そしてどのようにしてコスメを選べば良いのでしょうかね?

 

ナチュラルコスメやオーガニックコスメだから、もう大丈夫、一安心っていう、オーガニック認証依存の判断でしたら、それは、まず間違いです。

 

どんな成分が入っていて、それがどのような効用と弊害があるかを確かめる必要があるのです。

 

自分のお肌に合う成分、合わない成分かどうかも、一緒に確認する必要がありますよね。

 

まずは、自分のお肌を知ってから、自分に合ったもの使うように、取り入れるような努力をしましょう。